再生医療の先端をリードするエイジングラボ。日欧米から再生医療の情報を収集し、技術連携を行っている日本国内でも数少ない研究機関です

再生医療研究所
トップ 再生医療とは 再生医療の歴史 私たちがめざすもの 当研究所の取り組み 実績 ニュース
ニュース

再生医療の歴史

 再生医療の歴史は1970年代にW.T.Greenが軟骨培養を、Burke,Yannasらが皮膚培養に成功したのが始まりで、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学など、世界でもトップクラスの研究機関が舞台となり、軟骨、皮膚、骨などさまざまな再生医療の取り組みが行われています。国内の大学病院でもさまざまな再生研究が実施されていますが、実用性のある再生医療についてはさまざまな課題が取り残されており、研究段階の治療というのも決して少なくありません。しかし、再生医療には幹細胞が最近では注目を集めており、心筋への血管の再生や心筋の再生が多く研究報告されています。

 1995年、アメリカで線維芽細胞を培養し、皮膚に注射する治療が行われ非常に有効な結果が報告され、現在FDAでも治療に対する認可を検証しており、最終段階での審査に入っています。

 また、線維芽細胞だけではなく、軟骨培養や表皮の培養などさまざまな体の一部分の組織培養が現在、多くの医療機関で研究されています。2007年には京都大学の研究グループが"iPS細胞"による万能細胞の開発に世界で初めて成功するという今後の再生医療を含めたオーダーメイド医療の現実化への突破口として、世界的に大きな注目を集めています。
ページトップ このページの一番上に移動します