再生医療の先端をリードするエイジングラボ。日欧米から再生医療の情報を収集し、技術連携を行っている日本国内でも数少ない研究機関です

再生医療研究所
トップ 再生医療とは 再生医療の歴史 私たちがめざすもの 当研究所の取り組み 実績 ニュース
ニュース

2008/1/29

クマの治療最新情報


クマの種類は皮膚が薄く、青っぽく透けてみえてしまう「青グマ」と化粧品かぶれなどによるシミっぽくなっている「茶グマ」、眼窩脂肪が突出して、プクッと膨らみのある「影グマ」の3種類があります。影グマには原因である眼窩脂肪を取り除く「下眼瞼Co2脱脂術」。茶グマにはピーリングを含めた美白系治療がおこなわれています。しかし、皮膚が薄く眼輪筋の血行状態が透けている「青グマ」には有効な治療がありませんでした。当研究所では、治療困難とされている「青グマ」に線維芽細胞を注入し、皮膚を厚くすることで色の透過性を改善させる治療に成功しました。症例写真(有)



再生医療研究所TOPへ戻るニュースリストへ戻る
ページトップ このページの一番上に移動します